日本語トップページへ
ロンボク魚図鑑

魚図鑑トップへ
 1.ハゼ Gobies   
 カスリハゼ属のいるページ へ(ハゼその1)   カスリハゼ属[Mahidolia]
 ヤツシハゼ属[Vanderhostia]
 イトヒキハゼ属のページへ  イトヒキハゼ属[Cryptocentrus]
 ハゴロモハゼ属のいるページへ  ハゴロモハゼ属[Myersina]
 タンザクハゼ属のページへ  タンザクハゼ属[Oxymetopon]
 ホタテツノハゼ属[Flabelligobius]
 ベニハゼ属のいるページへ(ハゼその5) ベニハゼ属[Trimma ]
ロンボクで見れるハゼ達 その5
Trimma -ベニハゼ属
Cave Pygmy Goby[Trimma tevegae] Red-blotched Pigmy Goby [Trimma rubromaculatum]

大きくくれた岩の下を見るとよくいる子
日本名は アオギハゼ、横向きの写真が取りたいけど
いつも垂直方向にしか体を向けてくれない(笑) 
尾びれの紫ピンク色が美しい


ロンボクでは25mくらいにいることが多いので
観察しやすい。ホバリングしたり 岩場で休憩したり
 2.3匹でいる事が多いです。

Red-lined Pygmy Goby[Trimma striatum] Sharp-eye Pygmy Goby[Trimma amaima]

顔のストライプが特徴的なベニハゼ


目の中のきっ!と入ったラインが名前の由来?
山吹色だけどベニハゼとはこれいかに(笑)
砂地にもいますが もっと白っぽい体色です。

Red-spotted Pygmy Goby[Trimma macrophthalmus]

殿塚図鑑にはこの名前のほか Small-spotted
という名前も紹介されていて 
実はどちらなのか確定できていません
一時 よく見た固体でしたが 
時期を過ぎるとあまり見なくなって
しまいました。。。。

顔だけ見ると 隣のハゼにそっくりなんですが
こっちは 体のドットがありません。
少し体色が薄いタイプかも?とも思うのですが
断定不可とりあえず名前の分からない子にしとこう。

Sparsely-spotted Pugmy Gpby[Trimma halonevem]
この子もドット模様ですが 体が尾びれの付近で薄い黄色
にグラデーションになっていて デザイン的に凝っているカンジ


この子も手持ちの図鑑では見当たらない固体
頭のてっぺんに模様があったら パラオの
「ナガノヒロシ」(通称)に似てなくもないかな?

copylight 2005 BagusDivers reserved  いかなる場合でも無断転載はご遠慮ください。