日本語トップページへ
ロンボク魚図鑑

魚図鑑トップへ
 1.ハゼ Gobies   
 カスリハゼ属のいるページ へ(ハゼその1)   カスリハゼ属[Mahidolia]
 ヤツシハゼ属[Vanderhostia]
 イトヒキハゼ属のページへ  イトヒキハゼ属[Cryptocentrus]
 ハゴロモハゼ属のいるページへ  ハゴロモハゼ属[Myersina]
 タンザクハゼ属のページへ  タンザクハゼ属[Oxymetopon]
 ホタテツノハゼ属[Flabelligobius]
 ベニハゼ属のいるページへ(ハゼその5) ベニハゼ属[Trimma ]
ロンボクで見れるハゼ達 その1
Mohidolia -カスリハゼ属-
Smiling Goby [Mahidolia mystacina]

日本名はシマカスリハゼと呼ばれています。
寄ってもけっこう じっとしてくれてるので
被写体としては優等生ですね^^
Smiling Goby var[Mahidolia mystacina]

左のシマカスリハゼの黄変固体、こちらは普通に見れますが
カスリハゼの黄色はまだ見たことがありません。
Smiling Goby [Mahidolia mystacina]

英名では同じスマイリングゴビーですが
日本では「カスリハゼ」別名です。
こちらはペアでいることも多いです。 
photo by y.hodohara

Vanderhorstia -ヤツシハゼ属-
Yellow-pepper Shrimp Goby [Vanderhorstia sp7]

日本のヤツシハゼ属の一種ですが spの同じ番号でも
体の模様とかにけっこう差があり 希望としては
もう少し細かく分けてほしいかなと思います。
Yellow-pepper Shrimp Goby [Vanderhorstia sp7]

殿塚さんの図鑑では左のハゼと同じカテゴリですが
背鰭の形、模様とも全然違ってますね。
Blue-shine Shrimp Goby [Vanderhorstia sp6]

日本ではクサハゼと呼ばれていますが 日本のとは
背鰭の模様が少々違っているようです。
背鰭のバリエーションが何種類かあるようです。
Fancy-foot Shrimp Goby [Vanderhorstia sp5]

御本家ヤツシハゼ ヤツシハゼ属はは泥場より 
潮通しのよい環境、砂地のスロープに多い
Scribbled Shrimp Goby [Vanderhorstia sp4] Gold-barred Shrimp Goby [Vanderhorstia sp]

やはりヤツシハゼ属の一種

こちらもヤツシハゼ属 クサハゼと一緒の穴にいたりします。
殿塚さんの図鑑では 隣のハゼと同じになっていましたが
TBSブリタニカから出ているハゼ図鑑では
この名前(英名)になってました
Dosal−blotch Shrimp Goby [Vanderhorstia sp2]

何度も図鑑を見ていたのに 見過ごしていたハゼ
体の模様がオニハゼぽいなぁと思ったりしていたので
惑わされてしまったようです。 浅場にいるハゼです。

copylight 2005 BagusDivers reserved  無断転載はご遠慮ください。